研究者たちが学習データの認識率を上げるアルゴリズムを作るために日夜努力していることは、人間の言葉を理解しながら仕事を代わりにしてくれる機械が次々に社会に生み出されることと同一ではない。一体何が違うのか、本書は教えてくれる。ひょっとすると、日本語という言語の学習過程にある小中高生の方こそが、この本からその違いを正しく受け取れるのかもしれない。

          

哲学史の中でも特に複雑でわかり難いといわれる中世スコラ哲学。これまでそのスコラ哲学の見所・勘所を披露しつつ、水先案内人として多くの著作を残してきた著者は、本書で「感じる」ことを基点として、スコラ哲学の醍醐味を再現することを試みている。